仲間とともに、日本一優秀な不動産の営業会社を目指す。 株式会社RERISE 専務取締役 堀越 大貴

日本一の営業会社に
なるための仕組みづくり

ーー 専務として現在、どのようなことに取り組まれていますか?

仕組みやルールが明確である組織を作ることです。感覚とか主観で評価されるのではなく、取り組みや成果を平等に評価できる仕組みですね。それは一生懸命会社に尽くしてる人間に還元できる仕組みでもあります。そしてRERISEでは、組織のため、仲間のため、顧客のために頑張る人間を育てていきたいです。

ーー その取り組みの先にあるのは?

「日本一の営業会社」になることです。実現するには日本一の定義や指標を決める必要があります。そこから具体的な目標を定め、日々の業務目標に落とし込んでいきます。
その流れで評価制度をつくりましたが、コロナ禍も含めて、状況や環境は刻一刻と変わっていきますので、ぶらさない軸と、柔軟に変えていくところのバランスが必要になってきます。一人ひとりがやりがいを持って仕事ができる仕組みづくりをしていますが、難しさも面白さも感じています。そして、描いた目標に向かって取り組んでいくと、様々な課題に直面します。まだまだやるべきことは多いですね。

責任を持つことが、
成長につながる。

ーー会社を立ち上げから三年で変化は感じますか?

人数が増えて、私の行動一つ一つがみんなの人生にも影響与えていることをより強く感じています。そこが3年間で一番変わりました。何気ないときも、みんなの顔を見ているときも専務として相応しい言動をしよう、と。

ーーどんなところにやりがいを感じていますか?

今取り組んでいることが、今後のお客様の人生、社員の人生、そして新入社員の指針にもなってくると考えたときに非常にやりがいがあるなって思います。

そして、自分が求めていたのは、“責任を持つこと”だと最近気付きました。以前はストレスのない環境を好んでいましたが、ストレスのない環境、言い換えれば責任を持たずに成長はないと考えています。責任を持つことは、人を成長させてくれる大事なものです。RERISEは、責任を各自のレベルに適切な形で与える会社です。仕事の適切な領域を設けて、社員に責任と権限をセットで持たせて成長を促しています。それが「まずはやってみよう!」という社員の主体性のある行動につながっています。

とてもハードで、キツいことです。けれど、成長のために何よりも大切な環境です。

“ちょっと難しいかもしれないけれど、頑張ればできそうだ”
“うまくいかなかったから、今度はこんな改善をしてみよう”
そんな挑戦を重ねることで、周りが驚くようなスピードで成長していきます。

人の可能性を引き出す
源でありたい。

ーーあらためて、RERISEとはどんな会社でしょう?

みんな仲がいいですね。チームで一丸となってやっていく気持ちが強いので、目標を達成するための踏み込んだ会話を上司からだけでなく、同僚同士でもします。「嫌われたらどうしよう」「辞めちゃったらどうしよう」という考えは横においてストレートに伝え合います。RERISEでは、相手の人生にプラスになる話が提供できたかどうかに重きを置いているからです。

先日も退職者に対して、普通なら「ふざけるな」という言葉が出てもおかしくないような退職理由にも関わらず、社員一人ひとりから「気が付いてあげられなくてごめんな」「辞めないで欲しい」という言葉が飛び交っているのを見て、みんな本当に“イイやつ”なんだなと思いました。心があったかい人が多いですね。

ーー最後に、未来のチームメンバーへ。

「どうせ自分はできない」「あの人とは違う」そうやって、自分で自分の限界を決めてしまう人がいますが、決してそんなことはありません。どんな人も可能性に満ち溢れていて、いつでも変わることができるから。私は、その可能性を引き出す源でありたいと思います。

上司として、失敗させたくない親心もありますが、メンバーには5年後、10年後につながる成長をしてほしい。そして、自分自身の可能性を広げてほしい。そのためならどんなサポートも惜しみません。
RERISEの仲間として、ともに、日本一優秀な不動産の営業会社を目指しましょう。

Team Rerise

M.Uenoyama M.Uenoyama

M.Uenoyama
営業

W.Sekii W.Sekii

W.Sekii
営業

Y.Tokuyama Y.Tokuyama

Y.Tokuyama
営業

D.Kamogawa D.Kamogawa

D.Kamogawa
営業

R.Makino R.Makino

R.Makino
営業

R.Semba R.Semba

R.Semba
人事

A.HOZAKI A.HOZAKI

A.HOZAKI
営業